商売繁盛を願う「えびす講」

 

今日は
えびす講という行事の日。

おもに10月20日か、
11月20日に催されるお祭りです。

十日えびすとして、
1月10日や1月15日と、
その前後などに行うこともあります。

商業の神の、
恵比寿様を祭ろうと始まった行事。

このときに、
商店で在庫品その他を格安に売り出す、
「誓文払い/せいもんばらい」も関連して催されます。

「誓文払い」は、
本来江戸時代に、
陰暦10月20日に京都の商人や遊女が、

四条京極にある
官者殿(冠者殿)(かんじやでん)に参詣し、

一年中商売のかけひきに嘘をいった罪をはらい、
神罰を免れるように祈ったことが由来します。

官者殿は京都の八坂神社(祇園社)の末社で、
「誓文返しの神」とされていました。

今では、

えびす講の日には市が立ち、
魚や根菜など青物が売られたり、

また、

たくさんの縁起物を飾った福笹や熊手が販売されたりしています。
この縁起物は神社から授与されるもので「吉兆」とも呼ばれています。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

【先着50名様に限り10%割引】
 +  5大プレゼント付き

あなたの人生を変える
九星気学開運鑑定書2022年版

(詳細・お申し込みはこちらから)
https://miki-nishioka88.com/advice-sheet/

 

​​​​​​​

​​​​​​

​​​​​

!公式ラインはじめました!

開運画像をお届けしています。ご登録はこちらから
        ↓  ↓

 

 

前日夜には、翌日の運気と開運体質にメッセージをお届け
メルマガ配信中↓

 

 

関連記事

  1. 紅葉の季節は楽しみがいっぱい

  2. ”おむすび”は〇〇の開運フード

  3. 幸せを集める大阪ソウルフード

  4. 立冬初候 山茶始開(つばきはじめてひらく)

  5. あいが募ると雨になる

  6. 明日は十三夜です、ご準備するものは・・

  7. あなたの人生を変える【九星気学の開運鑑定書】2024年版 ■こよみすと…

  8. ご縁のちから