お財布などお買い物をするのに良い日 

 

今日は《寅の日》です。

「寅の日」は、
旅と金運の吉日

私は、吉日や開運日が大好きです。
読んでいただいている皆様にも、
吉日のエネルギーをより感じていただけるように
ご紹介しますね。

虎は走る力が飛び抜けていることから、
一瞬で『千里を行って千里を帰る』と言われます。

無事に帰ってきて欲しい、
旅の安全祈願と結びつき、
旅立ちの吉日となりました。

また、
虎の被毛の色から、
金運を連想させるため、

寅の日に買った財布は、
使ったお金がすぐに戻ると言われています。

こちらも、
「すぐに帰る」にちなんでいます。

トラは毘沙門天の使いとして、
一晩で千里の道を走ると言われ、
毘沙門天の代わりに人々の願いを聞いて回っていたと言われています。

そういうわけで、
毘沙門天と虎の関係はとても深く、
今でも毘沙門天の縁日は寅の日であり、
良く願いごとが叶う日と言われています。

 

ところで
みなさん、金運アップしたいですよね?

実は、私が鑑定している九星気学でも
財布を買うと良い日というのがあります。

コツをよく相談されるのですが、

一番いい時期は、
2月の立春という、
約15日ほどの短い期間です。
買うと良い方角まで鑑定で出てきます。

でも、
1年に1度のその時期を逃すと、
待つのが苦しくなる人もおられます。

その時に次の候補として
おすすめするのが寅の日。

12日に1度巡ってきますので、
早くお買い物をしたい方は、
「寅の日」を活用してみてはいかがでしょうか。

もっと良い日は、鑑定書に書かせていただきます。

【先着50名様に限り10%割引】
オーダーメイドの九星気学開運鑑定書2022年盤

(詳細・お申し込みはこちらから)
https://mikinishioka88.ocnk.net/product/24

​​​​

!公式ラインはじめました!

開運画像をお届けしています。ご登録はこちらから
        ↓  ↓

 

 

前日夜には、翌日の運気と開運体質にメッセージをお届け
メルマガ配信中↓

 

 

関連記事

  1. 九星隠遁始め:大きな切り替わりのとき

  2. 秋の夜空を楽しむ季節です

  3. 「幸」の言霊

  4. 盆の迎え火  

  5. 東京一のパワースポットは陰陽隣り合わせ

  6. 60日に一度の金運UPの開運日:己巳の日

  7. 豊かさをもたらす貯金箱

  8. 満月の日に飲むと良いもの