金木犀の甘く気高い香り

 

小さな季節、七十二候は、

秋分末候
第四十八候「水始涸(みずはじめてかるる)」

田から水を抜き、稲刈りが始まる時期です。
稲刈りが始まる収穫の時期。
栗や銀杏も食することができます。

また、
金木犀の花も目に入ることでしょう。
今年はいつまでも気温が高かったので
散り始めているところもあるかもしれませんね。

見つけるより先に、
香りに気がつくほど香りが高い
金木犀(きんもくせい)は、

九里(36km)先まで香るので、
「九里香」とも呼ばれています。

花言葉は「謙虚」「気高い人」。

香りが強いのに対して、
とても小さい花なので、
これが「謙虚」というイメージに
つながったそうです。

 

とても、良い香りが強く出ることから
クチナシ・沈丁花(ちんちょうげ)と合わせて

三大香木とも呼ばれています。

 

実がオリーブのような形をしていることから
英語で、fragrant orange-color oliveというそうです。
(直訳:香り高きオレンジ色のオリーブ)

 

ところで、金木犀の実って見たことがありますか?
実は、金木犀は

江戸時代に中国から入ってきたものなんです。

 

金木犀は、
雄株と雌株に分かれているのですが、

そのとき持ち込まれたのが、雄株だけだったそう。
なので、実がなることはないそうです。

もし実がなっているのを見かけたら、
それはおそらく
銀木犀の可能性が高いですね。

 

金木犀の甘く気高い香りを、
こんな風に楽しむことができます。

香りは宗教儀式にも使われる、
浄化ですから、
ぜひお試しくださいね。

● 桂花陳酒

白ワインにキンモクセイの花を3年間漬け込んだ中国酒。
傾国の美女と呼ばれる楊貴妃が好んだと言われ、
桂花陳酒を使用した「楊貴妃」という名のカクテルもある。

● 桂花茶
キンモクセイの花を乾燥させたものです。
甘い香りが高く、
紅茶や烏龍茶などにブレンドすることもある。

=======

【公式ライン】
毎日更新ではありませんが、開運画像や、お知らせをお届けいたします。

ご登録はこちらから↓↓

https://lin.ee/a9ee3aH

===================ー

 オーダーメイドの九星気学開運鑑定書
 〜限定50名様〜(2022年2月〜1年間)

《こよみすとアドバイスシート2022》
      ↓
https://mikinishioka88.ocnk.net/product/24

 11月以降順次発送、年内のお届完了

=======

 

【365日シンプルに開運生活】

なんだかツイていない・・そう感じるあなたへ
心も、体も元気で
気がついたらいいことばかり起きている!

開運体質に変われるメソッドをお伝えします。
《無料メルマガ:開運へのステップ》 

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=bbGlhge

 

【特別価格で受付開始:こよみすと養成講座

あなたも開運の達人に!
タブレット・PCがあれば受講できます。
zoomで学べる開運法と暦、旅の知識を学ぶ
   ↓
https://mikinishioka88.ocnk.net/product/20

==========

 

~にしおか みき~

こよみすと 認定インストラクター
国内旅程管理主任

Mail info@miki-nishioka88.com

MIKI NISHIOKA.com

 https://mikinishioka88.ocnk.net/

Facebook

 https://www.facebook.com/mikinishioka88

Instagram

 https://www.instagram.com/mikinishioka88/

 

関連記事

  1. 金運財布を買うのなら・・

  2. 縁起の良い勝ちメニュー

  3. おはぎとぼたもちって同じ??

  4. 手帳を使って運気をあげられます!

  5. 「安定運」って何?

  6. 満月の日に飲むと良いもの

  7. 九星それぞれの得手不得手

  8. 願いを叶えるために・・