小満初候 第二十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)」

  小満初候 第二十二候

蚕起食(かいこおきてくわをくう)

新暦5月21日~5月25日 頃

蚕が桑の葉を食べて育つ

植物 桑の葉(くわのは)、空豆(そらまめ)、卯の花(うのはな)
鱚(きす)
動物 てんとう虫
行事など 三社祭り:

浅草の三社祭り

 

 *:_,:*~ 開運メッセージ ~*:,_,:*

桑の葉は、絹の元となる蚕の餌となる。
(花言葉は、ともに死のう:実

空豆(そらまめ)は、
空に向かって実がなることからついた名前。
(花言葉は、憧れ・永遠の楽しみ

 

卯の花は別名「空木(うつぎ)」。
幹の中心が空洞になっている。
(花言葉は、古風・風情・秘密

 

━━━無料体験講座のお知らせ━━━☆

【はじめての九星氣学】

(こんな人に来て欲しい)

・九星氣学を本格的に学んでみたい

・年内にどうしても運気を上げたい

・金運を貪欲に強化していきたい

・みんながやっている吉方位散歩が気になる

・コロナ明けの吉方位旅行の計画を立てたい

・人生の大改造をしたい

527日(金)  10:0012:00

528日(土)  13:0015:00

68日(水)   13:0015:00

お申し込みはこちら↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=cuyoEvk

・‥━━━☆・‥━━━

<運気爆上げ、100日チャレンジサポート>

100日間かけて、

運気爆上げの土台を作りましょう!

詳しくはこちら

https://miki-nishioka88.com/100-days-support/

・‥━━━☆・‥━━━

 

━━━オンラインサロン━━━☆

63日(金)19:0019:30

テーマ:大切な6月の過ごし方

630日は

「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」

半年の身の穢(けが)れ、

罪や過ちを祓(はら)い清める神事

区切り、折返しのタイミングです。

2022年の後半を、

すっきり幸せに過ごせるように、

その日までにすべきこと、

おうちや心身の邪気祓いについて

「夏越の大祓」の当日の過ごし方もお伝えします。

63日(金) 19:0019:30

事前申込みは不要です。

手帳に書いておいてくださいね(^^)

zoomURLは、
後日このメルマガよりご連絡いたします。
↓ご登録ください

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=bbGlhge

・‥━━━☆・‥━━━

関連記事

  1. 立夏末候 第二十一候「竹笋生(たけのこしょうず) 」

  2. 大暑初候 第三十四候「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」 

  3. 夏至初候 第二十八候「乃東枯(なつかれくさかるる)」 

  4. 大暑末候 第三十六候「大雨時行(たいうときどきふる)」

  5. 小満末候 第二十四候「麦秋至(むぎのあきいたる)」 

  6. 芒種末候 第二十七候「梅子黄(うめのみきばむ)」 

  7. 夏至次候 第二十九候「菖蒲華(あやめのはなさく)」 

  8. 小満末候 第二十四候「麦秋至(むぎのあきいたる)」