小暑末候 第三十三候「鷹乃学習(たかすなわちわざをならう) 」

  小暑末候 第三十三候

鷹乃学習(たかすなわちわざをならう) 」

新暦7月17日~7月21日 頃
鷹のヒナが、飛び方を習い覚える

植物 モロヘイヤ

桃の葉

鰻(うなぎ)
動物 ハチクマ
行事など 土用入り:

夏土用、立秋前18日間。

丑の日に夏バテしないように鰻を食べる。

 *:_,:*~ 開運メッセージ ~*:,_,:*

鷹は自分より大きい獲物に挑みます。

そのように捉えると、
新しいことに挑戦する期間なのかなと
私なりに解釈しました。

チャレンジすること、
スキルアップなども開運への近道です。

 

モロヘイヤが夏バテに良いとされている。

また、「桃葉湯(とうようとう)」といい、
桃の葉を入れた風呂があせもなどの皮膚疾患に良いとされた。
この時期ならではの植物の活用がある。

 

関連記事

  1. 小満次候 第二十三候「紅花栄(べにばなさかう)」 

  2. 大暑初候 第三十四候「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」 

  3. 小満初候 第二十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)」

  4. 芒種次候 第二十六候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる) 」

  5. 小満次候 第二十三候「紅花栄(べにばなさかう)」 

  6. 夏至初候 第二十八候「乃東枯(なつかれくさかるる)」 

  7. 芒種末候 第二十七候「梅子黄(うめのみきばむ)」 

  8. 立夏初候  第十九候「鼃始鳴(かわずはじめてなく)」