夏至末候 第三十候「半夏生(はんげしょうず)」 

  夏至末候 第三十候

半夏生(はんげしょう) 

新暦7月1日~7月6日 頃
半夏(からすびしゃく)が生える

植物 オクラ

烏柄杓(からすひしゃく)

はも、蛸(たこ)
動物
行事など 半夏雨:

夏至から数えて11日目。田植えを済ませた農家が休息を取る日。この日の天気で1年の豊作を占う。

祇園祭:京都で開催される日本三大祭りの一つ。

 *:_,:*~ 開運メッセージ ~*:,_,:*

烏柄杓(からすひしゃく)は、「半夏(はんげ)」のこと。(花言葉は、心を落ち着けて

 

 

半夏生の時期に、
稲の根がタコのように深く広く張ることを願い、
タコを食べる習慣があります。

関連記事

  1. 立夏初候  第十九候「鼃始鳴(かわずはじめてなく)」

  2. 夏至次候 第二十九候「菖蒲華(あやめのはなさく)」 

  3. 小満初候 第二十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)」

  4. 小暑初候 第三十一候「温風至(あつかぜいたる)」 

  5. 芒種初候 第二十五候「蟷螂生(かまきりしょうず) 」

  6. 立夏末候 第二十一候「竹笋生(たけのこしょうず) 」

  7. 夏至初候 第二十八候「乃東枯(なつかれくさかるる)」 

  8. 小満次候 第二十三候「紅花栄(べにばなさかう)」