清明初候 第十三候「玄鳥至(つばめきたる)」 

清明初候 第十三候

鳥至(つばめきたる)

新暦4月4日~4月8日 頃
ツバメが南からやってくる

植物 行者にんにく
初ガツオ
動物 つばめ
行事など お花祭り:

4月8日は釈迦が生まれた灌仏会。花の多く咲く季節なので「お花祭り」といわれるようになった。

 *:_,:*~ 開運メッセージ ~*:,_,:*

◎行者にんにくは山で修行をする行者が食したことからついた呼び名。
(花言葉は慶事・祝い・感謝

◎つばめが巣をかけた家には幸せが訪れるといわれる。

関連記事

  1. 立春末候 第三候「魚上氷(うおこおりをいずる)」 

  2. 啓蟄初候 第七候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」 

  3. 啓蟄末候 第九候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる) 」

  4. 雨水末候 第六候「草木萌動(そうもくめばえいずる)」

  5. 穀雨初候 第十六候「葭始生(あしはじめてしょうず) 」

  6. 春分次候 第十一候「桜始開(さくらはじめてひらく) 」

  7. 立春末候 第三候「魚上氷(うおこおりをいずる)」 

  8. 清明次候 第十四候「鴻雁北(こうがんかえる)」