寒露末候 第五十一候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」 

 寒露末候 第五十一候

 蟋蟀在(きりぎりすとにあり)

植物 柿(かき)
鯖(さば)
動物 真鶴(まなづる)、きりぎりす
行事など 鞍馬の火祭

京都の由岐神社で行われる

 

 


*:_,:*
~ 開運メッセージ ~*:,_,:*

「柿が赤くなれば医者が青くなる」というように、
柿は栄養豊富で健康に良いといわれている。
(花言葉は自然美・恩恵・恵み・広大な自然の中で私を永遠に眠らせて

 

平安時代の貴族たちの間では、
虫かごに鳴き声のきれいな虫を入れて
秋の夜長を楽しむことが流行っていたそうです。

 


あなたの人生を変える
<九星気学の開運鑑定書>

早期特別価格+5大プレゼント🎁
↓詳しくはこちら
https://miki-nishioka88.com/advice-sheet

ㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤ
ㅤㅤ
ㅤㅤ
ㅤㅤ
ㅤㅤ

関連記事

  1. 処暑末候 第四十二候「禾乃登(こくもつすなわちみのる) 」

  2. 霜降末候 第五十四候「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」

  3. 立秋次候 第三十八候「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」

  4. 霜降次候 「霎時施(こさめときどきふる)」 

  5. 霜降初候 第五十二候「霜始降(しもはじめてふる)」 【10月23日の…

  6. 立秋末候 第三十九候「蒙霧升降(ふかききりまとう)」 

  7. 処暑次候 第四十一候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」

  8. 処暑初候 第四十候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」