日本史の成績も上がる暦の活用方法

毎年十二支が変わるように
月ごと、日毎にも
十二支が配置されています。

明日9月18日は、
60日に一度巡ってくる、

「己巳(つちのとみ)」の日。
財運アップの神様、弁財天様に
お参りをすると大きくご利益をいただける日と言われています。

このように、
日々の干支が読み解けると、

細かく開運活動を積んでいくことができ、
とても便利です。

また、
干支を知っていると、
もうひとつ役立つことがあります。

 

日本史の成績がすっごくあがります!!

日本史で学ぶ出来事に、
年の干支(年干支)が関わることがあります。

例えば、

明日の日干支は、
「戊辰(つちのえたつ)」です。

「戊辰(ぼしん)戦争」を、
知っていますか?

日本史に残る内乱です。


(鶴ヶ城)

戊辰戦争を含む
会津戦争に際して戦った白虎隊(びゃっこたい)は、
会津藩が組織した少年部隊。

16歳から17歳の
武家の男子から構成されていましたが、
中にはさらに幼少のものもいました。

幕末の会津藩が組織した部隊には、
他に玄武隊、朱雀隊、青龍隊などがあり、

それらの名前は中国に伝わる、
「四神相応・ししんそうおう」の思想に由来します。
(中国の神話の四つのの方角を司る霊獣とされる神様)

日本史を知っていた方が、
パワースポットや縁起物の理解が、
格段に深くできるようになるので、

日々のメルマガでも配信しています。
ぜひ一緒に学びましょう。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=bbGlhge


「戊辰」の日も、
60日に1度巡ってきます。

その度に思い出していただければ、
覚えていただけるかなと思います。

【予告】

10月に、「開運財布」の体験講座を開きます。
昼の部、夜の部を作りますので
お楽しみに♪

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 今、聞いてほしい!
【 9月オンラインサロン 】ご参加無料

  9月28日(火)19:30~

~テーマ~

・来年の運気のお話
・運気を上げやすくする秘訣

(お申し込みフォーム)
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=caotJqOa

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【先着50名様に限り10%割引】
オーダーメイドの九星気学開運鑑定書2022年盤

(詳細・お申し込みはこちらから)
https://mikinishioka88.ocnk.net/product/24

 

!公式ラインはじめました!

開運画像をお届けしています。ご登録はこちらから
        ↓  ↓

 

 

前日夜には、
翌日の運気と開運体質にメッセージをお届け
メルマガ配信中
(画像クリックでお申し込み出来ます。ご登録は無料です)
   

 

 

関連記事

  1. お財布に入れておきたいもの

  2. 金運財布を買うチャンスの話

  3. 6月15日は大開運日

  4. 神聖な樹木の神様と出会うハロウィンの由来

  5. 「亥の子餅」って知っていますか?

  6. 東京一のパワースポットは陰陽隣り合わせ

  7. 豊かになりたいなら・・

  8. 是非、行っていただきたい神社