大寒末候 「雞始乳(にわとりはじめてとやにつく) 」〜七十二候〜

 

大寒末候 第七十二候

「雞始乳(にわとりはじめてとやにつく) 」

新暦1月30日~2月3日 頃
鶏が卵を産みはじめる

植物 金柑(きんかん)

柊(ひいらぎ)

目光(めひかり)
動物
行事など 節分:立春の前日に豆をまいて厄払いをする。

恵方巻き:

節分の夜にその年の恵方を向いて太巻きを丸かぶりする。

 

*:,_,:*~ 開運メッセージ ~*:,_,:*

金柑(きんかん)は最も小さな蜜柑。
おせち料理や砂糖漬けなどに活用されている。(花言葉は思い出・感謝

 

 

⭐2021年の開運鑑定書
行けば運気が上がる開運地図つき
https://mikinishioka88.ocnk.net/product/10

自分で鑑定できるようになりたい!
これまでの低迷を早く取り戻したい!
もっと開運生活をしたいあなたへ
https://mikinishioka88.ocnk.net/product/7

まずは少し学びを深めてみたいあなたへ
https://mikinishioka88.ocnk.net/product/6

==========

〜にしおか みき〜

こよみすと® 認定インストラクター
国内旅程管理主任

Mail
info@miki-nishioka88.com

MIKI NISHIOKA.com
https://mikinishioka88.ocnk.net/

Facebook
https://www.facebook.com/mikinishioka88

Instagram
https://www.instagram.com/mikinishioka88/

関連記事

  1. 大雪初候 第六十一候「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)」

  2. 小雪初候 第五十八候「虹蔵不見(にじかくれてみえず) 

  3. 大雪次候 第六十二候「熊蟄穴(くまあなにこもる)」

  4. 立冬初候 山茶始開(つばきはじめてひらく)

  5. 小雪次候 第五十九候「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」

  6. 水沢腹堅(さわみずこおりつめる)〜七十二候〜

  7. 水仙

    立冬末候 第五十七候「金盞香(きんせんかさく)」 

  8. 小雪末候 第六十候「橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」